NEWS

2014.07.18

KNOCKING ON THE DOORS
TINY GARDEN FESTIVAL 第2弾情報公開!

KNOCKING ON THE DOORS <br />TINY GARDEN FESTIVAL 第2弾情報公開!

8月末に迫ったKNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL。
第2弾情報が発表されました!

ライブアクトにはつじあやのさん、コトリンゴさん、バロンと世界一周楽団さん、踊ろうマチルダさんが追加。
今年も盛りだくさんのワークショップやアクティビティ、みなさんのおなかと心をおいしく癒す他のフェスには無い絶品フードブースなどの情報が解禁いたしました。
詳しくは、TINY GARDEN FESTIVAL オフィシャルサイト をご確認ください。

本格的な夏本番、どうぞみなさん遊びに来てください!

〈第2弾〉参加決定アーティスト
つじあやの

つじあやの京都生まれ。高校でフォークソング部に入部しウクレレを始める。スタジオジブリ映画“猫の恩返し”の主題歌“風になる”のヒットなどで知られ、他にも数多くの主題歌、CM曲など幅広く手がける。

コトリンゴ

コトリンゴ5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
神戸・甲陽音楽院を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。
学位を取得後にはニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。
ソロ作品のほか、「新しい靴を買わなくちゃ」「くまのがっこう」など映画のサウンド・トラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
近年はキリンジに加入し、バンド活動も行う。
最新アルバムはドラマ「明日、ママがいない」の主題歌「誰か 私を」を収録の『birdcore!』。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。

バロンと世界一周楽団

バロンと世界一周楽団音楽から生まれるコメディー。コメディーから生まれる音楽。
音楽で世界一周旅行中。
オリジナル楽曲から日本語のスイングジャズ、スカ、童謡、ラテン等ジャンルはワールドワイド。
アコースティックでレトロでコミカル。
そんな喜劇演芸楽団です。
時々トリオ(バロン世界一周トリオ)としても活動中。
老若男女問わず心踊らせます。

踊ろうマチルダ

踊ろうマチルダツルベノブヒロのソロ・プロジェクト。
アーティストネームは、オーストラリアの古い歌「Waltzing Matilda」が由来。
マチルダは荷物の意。「マチルダ(荷物)と踊る」というのは「放浪の旅をする」といった意味を指す。
’97 ソロ「釣部修宏」として活動。
’03 バンド「Nancy Whiskey」として活動する。
’07 バンドを解散しソロに。本格的にライブ活動を全国に拡げる為、福井から東京に活動の拠点を移す。
’08 アーティスト名を「踊ろうマチルダ」に。同年秋、初のミニアルバム『Hush』release。
’09 セカンドミニアルバム「夜の支配者」release。
’10 10 月「踊ろうマチルダ・ライブ 301 本目」を記念して東京で 2days イベントを開催。
12 月弾き語りアルバム「故郷の空」release。
’13 ライブ DVD「踊ろうマチルダ LIVE at 梅田シャングリラ 2011」release。

and more…

ワークショップ情報
アクティビティ情報
フードブースの情報

今後随時、魅力的なコンテンツを更新して行きます!
TINY GARDEN FESTIVAL オフィシャルサイト

こちらでも現地の気候についてや、イベント準備段階のこぼれ話など随時アップ!
TINY GARDEN FESTIVALオフィシャルFacebook

twitter & Instagram ハッシュタグ:#tinygardenfestival

タグ: ,

page top