NEWS

2015.12.28

“SOMOSOMO BOOKS”でちょっといい出会い

URBAN RESEARCH DOORS 虎ノ門店、店内の一角にあるブックコーナー「SOMOSOMO BOOKS」。
アート、トラベル、かぞく等といった様々なジャンルから約2000冊の書籍が並びます。
「IN THE FIRST PLACE=そもそも」がコンセプトのブックショッププロジェクト。「SOMOSOMO BOOKS」では、衣服や生活雑貨と本の世界に、 共通の物語を見出して、ヒトとモノ、モノと本、本とヒトとの親和的な関係を紹介しています。

SOMOSOMO BOOKSの企画者に、単純に「本を買う」だけではない価値を生み出すお店の魅力について聞いてみました。

店内の様子店内の様子
お店の名前である「SOMOSOMO BOOKS」の由来について
看板

一度作った仮のプランを見直しながら、“そもそも”という問いを何度も自分に投げかけてコンセプトを精錬させていくうちに、いつの間にかSOMOSOMO BOOKSという名前で定着するようになっていました。
物事の最初のボタンを掛け間違えないように・・・という願いも込めています。

本のセレクトについてのこだわり

本来はできるだけ多くの書籍と物語と店内の品々を結びつけたかったんです。
商品としての「モノ」には必ずいろんな側面があって、ベーシックなアイテムとして知られている定番品には歴史的な物語があったり、安価なトイウォッチも意味を分解していけば「時間」を司る不思議な役割があります。そういうふうに、きちんとひとつひとつのモノに潜んでいる物語を抽出して、書籍を通じて紹介したかったというのが始まりです。

店内の様子店内の様子

しかし数千の例を作るのは時間的に不可能でしたから、代表的な組み合わせをブックワゴンで示しつつ、棚には10のジャンルを設けて「そもそも」を文脈化しようと試みました。
今ではなかなか読まれることも少なくなったのかもしれないけれど、時代への耐性に優れた良書を、滋賀県の彦根にある老舗書店「天晨堂」の細江さんのサポートもいただきながら、選んでいます。

ジャンル分けジャンル分け
SOMOSOMO BOOKSコーナーには造形作家集団 Gelchop(ゲルチョップ)による特製ブックワゴンが鎮座。

先ほどお話したように、このプロジェクトは「モノとストーリーを一緒に紹介する」というコンセプトだったので、それができる什器を探したのですが結局見つからず、Gelchopさんに相談したところ、このアタッチケースを並べたアイデアで製作してくださいました。

ブックワゴン
■ 例えばこんな風に・・・

アイン・ランドによる『水源』(Ayn Rand : The Fountainhead, 1943)です。
アメリカという大きな国で、大衆的に迎合することを頑に拒み、自らの才能を信じ抜いた若い建築家の情熱。世界的建築家のフランク・ロイド・ライトをモデルとしていることやゲーリー・クーパー主演の映画『摩天楼』の原作小説としても有名です。
そしてこのSOMOSOMO BOOKSがあるUR DOORS虎ノ門店内に面白いTシャツを見つけました。
まさに『水源』の主人公ハワード・ロークのような若き才能で、カリフォルニアのスポーツウェアの原点に強くこだわったまっ白なTシャツばかり作り続けている、「LADY WHITE CO.」というブランドです(実際に白いTシャツしかありません)。
時代こそ違えども、ともに同じ戦いを秘めていると思いました。

水源
虎ノ門店限定「SOMOSOMO BOOKS」オリジナルグッズも

SOMOSOMO BOOKS TOTE BAG
¥1,300+tax
オリジナルトートバッグはシンプルなキャンバス地にSOMOSOMO BOOKSのロゴマークが描かれています。
サイズも普段使いに丁度良い大きさです。

店内の様子店内の様子店内の様子
S O M O S O M O  B O O K S

「旅」をテーマにした雑誌『PAPER SKY』さんのグッズもいろいろと紹介しているほか、SOMOSOMO BOOKSを彩るのは古今東西から集められた「住人」たち。
ハーフカメラの名器として名高い「サムライ」や葛飾の「寅さん埴輪」やドイツ最大の鉄道会社「ドイチェ・バーン」の模型とPreiser(プライザー)のミニチュアフィギュア、リヨン大聖堂のスノーボール、日比谷公園の葉っぱ…とにかく徐々に住人が増えていっています。
なかでもシンボルとなっているのが知人がプレゼントしてくれた「SOMOSOMO BOOKS」の活字。大正6年創業の佐々木活字店で作ってもらったものです。

オリジナルトートバッグオリジナルトートバッグオリジナルトートバッグ

今後もPOP UP SHOPやフェア等、長期的な取り組みがされており、様々なコンテンツが登場するので見逃せません!
気になられた方は早速、「SOMOSOMO BOOKS」で素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

次回はこの冬に読みたくなる本を一挙ご紹介します。
どうぞお楽しみに!

SOMOSOMO BOOKS
SOMOSOMO BOOKS

品々の持つストーリーを読み解き、物事の本質をひも解く「そもそも」をコンセプトにした書籍コーナー、造形作家集団Gelchopによる特製ブックワゴンが鎮座します。

公式Webサイト外部リンク

URBAN RESEARCH DOORS 虎ノ門店
〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目17-4
TEL:03-6452-9335
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定休

タグ: ,

page top