NEWS

2016.09.01

DOORS GROCERY Premium 熊本のすいかシリーズ発売

DOORS GROCERY Premium 熊本のすいかシリーズ発売

日本でも有数のすいかの名産地、熊本。

その熊本でも中々手に入らない減農薬すいかを使用し、素材のおいしさをできるだけ生かした「熊本のすいかジュース」と「熊本のすいかゼリー」を作りました。

日本の夏には欠かせないすいか。
実は血流アップや抗酸化力に優れた豊富なリコピンなどが含まれており、ダイエットやアンチエイジング効果も期待されています。
体を優しく冷やしてくれるので、残暑の水分補給にもピッタリです。

すいかは病気になりやすく痛みやすい作物ですが、減農薬、有機肥料だけを使って、水やりの時期や量も絶妙に調整し、手間を惜しまず育てることで、やっと甘みの強い丸まるとしたすいかが収穫できるのです。

熊本のすいかシリーズ

熊本のすいかゼリー ¥350 (税8% ¥378)

熊本のすいかジュース ¥550 (税8% ¥594)

みずみずしさと、舌触り、のどごしにもこだわり抜いたジュースとゼリーに。
DOORS GROCERY 渾身の“Premium”シリーズです。

熊本のすいかシリーズに込められた思い

2016年4月14日に発生した熊本、大分を襲った大きな地震。
食品を扱う私たちに何かできることはないかとスタッフで考えている時に、旬を迎えたすいかが出荷出来ずに困っているという一報を、現地で支援活動中のCandle JUNEさん(ラブフォーニッポン)より受けました。

とっさに反応し、60玉の引き取りを願い出た私たち、岡山の果物のドリンクを製造しているメーカーにも力を貸していただいて果汁をストレートで絞り、冷凍保管していただきました。

この間、わずか3日。

すいかは病気が出やすく、栽培が難しい作物。
栽培農家である「のはら農研塾」の野原さんは、「農薬よりも人件費を使う」をモットーに手間と時間をかけ、減農薬、有機肥料で栽培を続けています。

野原さんの手塩にかけたすいかをこのまま腐らせる訳にはいかず、どうにかしたいという思いの連鎖が私たちを含めたこの一連の行動へと繋がった瞬間でした。

熊本のすいかシリーズに込められた思い
のはら農研塾について

熊本市で、自然栽培やオーガニック栽培を営み、現代農法と昔からの技法のハイブリッドな農園。

のはら農研塾の肥料は「どこかで不要になったもの」を使っています。

焼酎や醤油の製造過程でできる米や大豆の搾りかす、大量に廃棄されるトマトピューレは堆肥に。
古米は鶏のエサに。ハウスの熱源は、タイヤを圧縮して生成したA重油。

代表の野原健史さんはゴミの最終処分場を営む父の元に生まれ、産業廃棄物や一般ゴミといった、社会の不要になったものと向き合って成長しました。だからこそ挑戦できる農法なのです。

いつかは地域のエネルギーだってつくっていきたい。

のはら農研塾が目指すのは、自然環境だけに留まらず、人間が作り出した「不要なもの」さえも循環する社会です。

のはら農研塾
http://www.nohara-nouken.jp/

LINE UP
熊本のすいかゼリー

DOORS GROCERY
熊本のすいかゼリー
¥350 (税8% ¥378)

手間暇をかけ、人と時間を費やしこだわって作ったすいかを贅沢に使用しました。
すいかのシャリっとする食感まで楽しめる他にはないゼリーです。

熊本のすいかジュース

DOORS GROCERY
熊本のすいかジュース
¥550 (税8% ¥594)

すいかのみずみずしさを、ストレートで楽しめるジュース。
すいかにはビタミンA,Cやコピン、アミノ酸のシトルリンが含まれています。残暑も優しく体を冷やしてくれます。

※ストレートタイプですので、果汁が沈殿しやすくなっております。良く振ってお飲みください。

【取り扱い店舗】
TINY GARDEN FOODS ルクア イーレ店
URBAN RESEARCH DOORS 各店
※ 販売終了いたしました。

タグ: , , ,

page top