KNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL

LIVE出演アーティスト

bonobos

bonobos (ボノボ)

2001年8月結成。レゲェ、ダブ、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを飲み込みながらフォークへと向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団!
2015年7月より蔡忠浩(V,G) 小池龍平(G) 田中佑司(Key) 森本夏子(B) 梅本浩亘(D) の5人体制になり、さらに精力的に活動中。
2017年8月12日には6年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功に収める。最新作は2017年10月リリースの「FOLK CITY FOLK .ep」。

オフィシャルサイト http://bonobos.jp

キセル

キセル

辻村豪文と辻村友晴による兄弟ユニット。カセットMTR、リズムボックス、サンプラー、ミュージカル ソウ等を使用しつつ、浮遊感あふれる独自のファンタジックな音楽を展開中。
スピードスター在籍時に4枚のフルアルバム、2006年12月のカクバリズム移籍後も、「magic hour」「凪」「SUKIMA MUSICS」「明るい幻」など、アルバムと10インチレコードやライブ会場限定のEPなど精力的にリリース。どの作品も多くの音楽好きを唸らす名盤となっており、ロングセラーを続けている。
毎年の大型野外フェスへの出演や、フランス・韓国・台湾でのライブ、ジェシ・ハリスとの全国ツアー、そして恒例のワンマンライブをリキッドルームや赤坂ブリッツ、日比谷野音などで行っている。
昨年12月に最新作である8枚目のフルアルバム「The Blue Hour」をリリースした素敵な2人組である。

オフィシャルサイト http://www.nidan-bed.com/

ミツメ

ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。
2017年12月にシングル「エスパー」をリリース。
国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げています。
オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けています。
そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

オフィシャルサイト http://mitsume.me/

路地

路地

メインストリートから一つ角を曲がったその先。路地から始まるニュー・ポップス・スタンダード。東京の街のごった返す人並みや色合い、暮らしの全部から影響を受けた男女5人組グループ。
70年代~現代のレコード・ポップスや国内外インディー・ロックに影響を受けた高い音楽性、「ポスト大貫妙子」とも評されるボーカルKozueのエバーグリーンな歌声が音楽ファンの間で高い評価を得ており、2017年に新体制で再始動して以降、「りんご音楽祭2017」への出演等も経て、各所より注目を集めている。

オフィシャルサイト https://www.roji-band.com

やけのはら

DJ やけのはら

DJ、ラップ、トラックメイカー。
『FUJI ROCK FESTIVAL』、『METAMORPHOSE』、『KAIKOO』、『RAW LIFE』、『SENSE OF WONDER』、『ボロフェスタ』などの数々のイベントや、日本中の多数のパーティーに出演。
2009年に七尾旅人×やけのはら名義でリリースした「Rollin' Rollin'」が話題になり、2010年には初のラップアルバム「THIS NIGHT IS STILL YOUNG」をリリース。
2012年には、サンプラー&ボーカル担当しているバンドyounGSoundsで、アルバム「more than TV」をリリース。
2013年、セカンドアルバム「SUNNY NEW LIFE」をリリース。
DJとしては、ハウスやディスコを中心としたロング・セット、またTPOに応じた幅広い選曲でフロアを沸かし、Stones Throw15周年記念のオフィシャルミックス「Stones Throw 15 mixed by やけのはら」など、数多くのミックスを手がけている。
雑誌「POPEYE」でのコラム連載や、YUKI、でんぱ組.inc、中村一義などを手がけるリミキサーとしての活動も行っている。

オフィシャルサイト http://yakenohara.blog73.fc2.com/

STARS ON PAN

STARS ON PAN

スティールパン発祥の地とされるトリニダード・トバゴのラバンティルにあったバンド名を引き継ぎ、2009年に結成。本場トリニダード・トバゴの匂いを持ちつつ日本人の感覚で楽しく激しく時に切なく、星の煌めきのようなスティールパンの美しい音色を紡ぎだす12人編成のスティールパンバンド。
オリジナル曲を中心にソカやカリプソなどカリブ、中南米の音楽のカバーなども演奏し、2011年1stアルバム「STARS ON PAN」、2014年2ndアルバム「PASSAGE OF STEEL」、そして2016年8月に3rdミニアルバム「HERE COMES THE STEEL STARS」と7inchレコード「UNITY-Steel&Wave-Feat.MICKY RICHp」をリリース。
2017年11月には初の海外公演となるベトナムツアーを行い、ダナン・ホイアンの2都市で公演。
メンバーそれぞれの個性を引き出しつつスティールパン音楽の広がりに挑んだ楽曲を発信している。また最近はスティールパンを首から下げて練り歩く演奏スタイルも積極的に行っている。
また足立区の子供向け公共施設ギャラクシティでのスティールパン教室の運営を委託されるなど活動は多岐に渡る。

オフィシャルサイト www.stars-on-pan.net

▲ TOP